インプラント治療で歯を増やそう~歯科でいい歯になる歯科ない~

看護師

歯を固定する

医療器具

欠損歯の治療で従来よく用いられたきた治療法がブリッジですが、健康な歯を削る必要があるため土台の歯の寿命が短くなりやすいという難点がありました。それなら部分入れ歯はどうだという話ですが、違和感が強く、自分の歯と同じような感覚でものを食べることはできないということがあります。そこで登場したのが「インプラント」という治療法です。インプラントを取り入れれば、機能性にも審美性にも優れた歯科治療が可能なのです。まずはインプラントの治療法について簡単に説明します。インプラントは別名人工歯根とも言い、歯が抜けてしまったところの骨にねじを埋め込み、そのねじを土台に人口の歯を装着する治療法です。ブリッジのように健康な歯を削る必要がなく、健康な歯を削るというリスクを避けることができます。また、噛み砕く力も天然歯の80%ほどまで回復できるので、違和感のない自然な噛み心地でものを食べるこができます。インプラントは見た目にも優れているので、歯の治療痕の目立たない美しい口元になれます。前歯の欠損といった目立つ箇所の治療もインプラントなら問題なく行えます。インプラントは人工歯を徹底的に支えてくれるため、歯のグラつきにより、何度も入れ歯治療を行う必要はありません。インプラント治療に活用する人工歯により、歯の見た目は変わってきます。そのため、インプラント治療を行う際はどのような人工歯を活用するといいのか把握しておくといいでしょう。

Copyright© 2016 インプラント治療で歯を増やそう~歯科でいい歯になる歯科ない~ All Rights Reserved.